陰と陽

父からの長野のお土産

父のお土産選びなかなかセンスよし!

この時期の蜜たっぷりのリンゴが大好き。

りんごは「中庸」のたべもの。

太陽と月、光と闇、男と女といったものと同じく、食べ物にも相反する「陰と陽」の性質があります。

身体を冷やす作用がある食べ物を「陰性食品」、身体を温める作用がある食べ物を「陽性食品」。陰性と陽性、どちらかに傾いてしまうとバランスを崩します。

なるべくバランスを整えて「中庸」を保つことが大切です。

冷え性に悩む陰性タイプの人は、なるべく陰性の食べ物を避けて、陽性よりの調理法や食べ物を積極的に取ると、体内のバランスが取れて「中庸」に近づき身体を温めることができます。

一般的に、白や緑の食べ物、水分が多いもの、暑い地域で取れる食材は陰性食品であることが多く、黒や赤っぽい食べ物、寒い時期が旬の食材、寒い地域で取れる食材も陽性食品であることが多いです。

私の個人的な考えですが、バランスってとても大切だと思います。

何事も偏りすぎず。

心も身体もバランスが取れて調和が生まれます。

何となく、食べ物の陰と陽を意識しながら、自分の身体に合った食べ物を選び、日々の生活を少しづつ優しいものにしていきたいものです。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ

​© 2016 by tilia yoga. yoga life special  days